システム構成

検出器と、データ取込器の接続は、多様な組み合わせが可能です。

 

接続例-1
一つのシステムの、複数台の検出器からの信号出力を、一台のデータ取込器に接続します。
データ取込器が、複数の入力チャンネルをサポートしている場合に有効です。


接続例-2
一つのシステムの、各検出器に対し、一台のデータ取込器を接続します。
データ取込器が、HR2401を使い、高感度測定を行う場合は、この接続をおすすめします。


接続例-3
複数のシステムの検出器の信号を、一台のデータ取込器に接続します。
データ取込器が独立してデータを取り込める(非同期入力が可能な)、複数のアナログ入力チャンネルを有している場合に有効です。
市販のデータ取込器を使用する場合は、非同期入力が可能かどうかはお問い合わせください。
HR2401では、非同期の取込は可能ですが、取り込条件(取り込み周波数、ゲイン)は、2チャンネルで同じ設定となります。